三羽鴉の宅買いブログ

なんでも買取❗️三羽鴉のブログ

漫画が好き過ぎて(っ`Д´)っ・:∴…その71

なぜなぜ理科学習漫画 鳥の博物館の謎③…考察結果  完結篇‼️           

☆鳥の博物館は昭和37年~39年頃に書かれたもの。

★☆書き下ろし単行本まるまる一冊分なので、それなりのページ数があるため、日数期間を掛けて書かれたはず、執筆期間中に何らかの理由(病気❔)で、表紙がこんな荒れている画となってしまったと推測出来る。
f:id:trio_kaitori:20210429160528j:image

...そこで、お仲間に代理執筆をお願いせざるを得ない状況になった。と推測出来ました。

❇この本の発行は集英社。当時月刊誌、おもしろブック 日の丸 少年ブック 幼年ブックの出版社です。

これらの月刊誌に昭和30年代初期頃、わちさんぺい先生も沢山作品を書いています。


f:id:trio_kaitori:20210429161209j:image

☝️そして、幼年ブック付録に、こんなの発見‼️


f:id:trio_kaitori:20210429161303j:image
f:id:trio_kaitori:20210429161313j:image

☝️カゴ直利先生をメインに、まんが笑団 と表記された合作漫画。

メンバーは、わちさんぺい 田中ちかお 桜井はじめ…学習漫画でお馴染みの各先生方が名を連ねてました。

集英社の漫画雑誌で書いていた、親交があったと思われる先生方のグループが、わち先生に助け舟をだして、鳥の博物館の代筆となった。と考えられます。。

ちょっと考えたら普通によくアル話なんですが、漫画に飢えてた自分には、こんな事迄とても気になったのでアリマス‼️

そして、、、

わちさんぺい先生は晩年のエッセイで、この時期アルコール依存症になっていた事を書いておられました。。

激しい幻覚や幻聴に悩まされ、満足に漫画が描けない状況であったそうです。。

アルコール依存症患者がよく証言する、天井で大名行列の幻覚も見たそうです。 

👇この頃の、昭和39年の月刊誌 少年ブックの連載漫画 トンネルくん の画像です。
f:id:trio_kaitori:20210524222111j:image
f:id:trio_kaitori:20210524222124j:image
f:id:trio_kaitori:20210524222135j:image
f:id:trio_kaitori:20210524222145j:image
f:id:trio_kaitori:20210524222158j:image
酷く荒れた絵、内容も支離滅裂‼️連載三回で早々の打ち切りとなってます。  …😣これではね、、

~~~~~(m--)mつづく


f:id:trio_kaitori:20210529124333j:image
f:id:trio_kaitori:20210529125634j:image

本 雑誌 CD各種コレクション 査定買取り訪問対応‼️

宅買い三羽鴉(たくがいとりお)  

https://t.co/zD8uABIVOV

**只今表記番号の☎️上記秋葉原店は休業要請を受け当面の間休業となります。御用命☎️は、中野店にて対応致します‼️ 対応受付時間12時~19時迄。

03-5343-2270

☝️コチラへお願いします🙇