TRIO(アイドルショップ) 経営と、古い漫画本収集のお話。

TRIO(アイドルショップ) 経営と、古い漫画本収集のお話。

漫画が好き過ぎて番外編 …兎月屋さん編

おはようございます。

兎月屋さんの昨日からの続き、完結編でアリマス‼️…ダイナミックなお話続きます。…👇👇

 

「ダイナミックな出逢い」……その2️⃣

ここで約3年間の修行?の後、28歳で何とかかんとか独立開業まで漕ぎ着けたのであります。

f:id:trio_kaitori:20220622144647j:image

 

時は移り1999年3月。開業資金は実家を担保に100%借金という無謀極まりない出店計画のもと、我が店(鉄の城)を東大阪は小阪の地に構えることとなります。

ショッピングセンター向かい、パチンコ屋やビジネスホテルが隣接、大学や高校も徒歩圏内に複数という初開業候補地としては申し分の無い好立地。

実際蓋を開けてみれば時流も味方となり、幸運にもオープン当初から順調過ぎるくらい好調な滑り出しをキープ。

2001年頃から始めたヤフーオークション販売(ダイアルアップ回線時代ですね💧)もアシストとなり開業5~6年位は順風満帆な推移で何とか借金返済の目処もつき、ホッとした矢先…商圏内にブックオフさんと古本市場さんが次々と出店。必然的に規模の小さいウチのような街の古本屋はありきたりのモノが売れなくなり徐々にその繁盛モードにもやがて陰りが見えてくることとなります。

当初は場所柄、庶民的な一般受けする漫画や文庫本がよく動きましたが「自分が売りたい商材=サブカルチャーもの」は陳列するもほぼ動かずという状況。それでも絶版漫画や雑誌バックナンバー、ポスターや玩具類など捻れる商材を大人買いして下さる数少ないコアなお客様に支えられ、何とかかんとか食べて行けるレベルの数字はキープはしていたのですが、現実には尻つぼみの状況下、葛藤の毎日が過ぎて行きました。

しかしこのままでは本当にやりたい商売が出来ていない、後悔だけはしたくない!という思いで一念発起。開業から15年余の月日を経た2014年の12月、「鉄の城」は浪花のヲタクの聖地へと場所を移すこととなり現在に至ります。

場所柄、前店の庶民的なお客様層とは打って変わり、日本橋移転後はプレオープンと同時に刺客の如く並みいる手強いお客様と対峙する刺激的な日々の連続。自分が求めていた古本屋像を体現出来た瞬間でもありました。

一方ではリアル個人古本店というのは現状、存在価値すら問われるくらいのニッチな絶滅危惧種となり、かつ因果な商売ではございますが、当店はこれからも変わりなく各方面ヲタク・フリーク・マニア・コレクター・何とかキチなどなどの稀有な人種の皆様方のご期待に応えさせていただく為にも、力の続く限り店舗販売にこだわり続けたいと考えております。

 

この度は拙い長文にお付き合いいただき感謝いたします、ありがとうございましたm(__)m。

 

そして最後に…永井先生、ごめんなさい!

         ………  完

🌟🌟兎月屋さん有り難うございます‼️

また、宜しくお願い致します‼️

漫画が好き過ぎて番外編 ゲストblog キタた~っ!Σ(×_×;)!

おはようございます。

本日は、大阪ミナミ オタロード近くで展開の80年代モノに強い、今注目のサブカル系古本屋 兎月屋さん から現在の店舗に至る迄のお話をblogでご紹介頂きました🎉🎉🎉

有り難うございます‼️


f:id:trio_kaitori:20220621150225j:image
f:id:trio_kaitori:20220621150437j:image
f:id:trio_kaitori:20220621150451j:image
f:id:trio_kaitori:20220621150504j:image
📷画像は現在の、兎月屋さんの店舗でアリマス‼️ 

期間限定で催す特定漫画家で、店内の売り場を席巻するのフェアも好評です‼️

画像は大友克洋フェア……

人に歴史あり。皆さん様々な経緯で現在に至っております。人生色々 一筋縄では行きません。。

※読み応えがあるお話は二回に渡り続きます。ではでは……👇👇 

 

🌠🌠「ダイナミックな出逢い」その 1️⃣

ある意味、現在の私の人格形成を決定づけたと言っても過言ではない永井豪先生の漫画とのファーストコンタクト、それはあまりにセンセーショナルなものでした。

時は昭和53年小学3年生の頃、世は東宝チャンピオンまつり最終年、キャンディーズが解散、竹の子族誕生、VAN倒産、そして地元PL学園が連日の逆転劇による夏の甲子園初優勝を果たした激動の年。

同年に発売されたポピーの新製品「キングザウルス」にどハマリしていてどこに行くにもお気に入りのメカゴジラを手にクタクタになるまで遊びまくっていたショーボーの日々のある一コマ。
f:id:trio_kaitori:20220621150247j:image

その日は伸びきった髪をスポーツ刈りにすべく、それまで毎回親に連れ添ってもらっていた散髪屋に初めてツレと一緒に行った時の出来事。待合席の棚に普段あまり見慣れないやや分厚めの古びれた漫画雑誌が数冊。ん?少年ジャンプの月刊って?おもむろに手に取りページをぱらぱらと…ん?げっこう仮面…いやいや「げ」やなく「け」やん!どゆコト?恐る恐る読み進めるとその衝撃的なお仕置きシーンやおっぴろげっぷりに驚愕(詳細は大幅に割愛)。当時弱冠8歳というクソガキの自分には当然刺激が強過ぎるワケで。無粋になりますので多くは語りませんが散髪の順番が来てもすぐに立ち上がれず前屈みのまま席へ向かった記憶が…。

当時デビルマンキューティーハニーの再放送でオープニングを凝視し、すっかり目に焼きついていた「永井豪ダイナミックプロ」というクレジット。この時、けっこう仮面もあの永井豪って人が描いてるんや!と初認識したと同時にダイナミック沼にハマった瞬間でもありました。

古本屋巡りを始めたのはそれこそ小学6年生頃からと記憶しておりますが、その時は漫画ではなく今で言うところのグラビア系やらの芸能雑誌や写真集、時にはエロ本(時効)やなんかの三次元ダイナミック的なジャンルのモノを限られた小遣いでせどる日々。

実際に永井豪先生の作品を中心とした絶版漫画や掲載雑誌を収集し始めたのはそれから約6年後、高校3年生あたりの頃からだったかと。

一部専門店さんは別として絶版漫画のプレミア化が一般的に認知され始めたのは手塚先生逝去時の前後あたりかと記憶しておりますのでちょうどその時期と重なります。

それ以降はジャンルの幅を広げ、所謂サブカル全般をせどりの対象と定め、時間があればバイクや車で全国せどり行脚の旅に出かけるという学生生活が始まるのでした。

その後、90年初頭にはホビージャパン誌の読者交流覧「買います」コーナーに「永井豪ダイナミックプロに関するグッズ求む」的な投稿を毎月のように掲載していただき、本に止まらず玩具類やポスター等のコレクションも順調に増殖。そこから程なくして個人売買専門雑誌「QUANTO」が創刊されることとなります。ここで直接ユーザーと売買取引する悦びを知り、やがてお客さんと向き合って対面販売が出来ればもっと楽しいやろうな…という思いが日増しに強くなり出した頃、渡りに船とばかりに大阪市某所で新規オープンした古本屋の軒先にアルバイト募集の貼り紙を発見。もちろん応募→面接→運良く即採用!となり25歳で晴れて古本屋バイトデビューと相成りました。

ところがこのお店の店主さん、何を思ったのか商品構成から値付け、買取り等ほぼ全ての業務を私に委ねて下さり、なんと入店2週間で約20坪余りの店の切り盛りをド新米の私1人に任せて、当の本人さんはほぼ現場には姿を見せないという何ともリスキーな古本屋が誕生したのでありました。

               ……つづく


❤️兎月屋さん有り難うございました。この続きはまた明日。

 

中野ブロードウェイ物語 読みました!


f:id:trio_kaitori:20220618072938j:image
中野ブロードウェイ物語 著者の 長谷川晶一さんに、コロナ禍の中過去~現在の自分の立ち位置を確認する意味でスタートしたblog #中野ブロードウェイでショップやろうぜ‼️ をお読み頂き取材を受けました。

本書で私も色々語らせて頂きました。有り難うございます🙇🙇

🌠ブロードウェイ誕生から竣工迄のお話は、断片的に各種雑誌や記事で読んでいましたが、纏めて構成したモノを読むと、その経緯が分かりやすく伝わりました。昔からのお店の御店主インタビューも興味深く面白い😆いい時代があったんですね。

🌠🌠ブロードウェイで27年間、苦戦と好調を重ね、遂に昨年ブロードウェイから全店撤退したTRIOでありますが、あの悩ましかった水漏れ問題を本書では包み隠さず書かれていた事に驚きました。

ブロードウェイの現在の不動産評価価値や、今後のテナント誘致の面で、これは余り現状は詳しく書けないのでは❔と思っていましたが、流石 ブロードウェイマンション住民である、長谷川さん‼️この問題には、御自身の体験談を含み確りリアルに正面から取材されていましたね。

実際もう築55年の建物では、隠しようも無いのも当然でしょう。

当店も水漏れ被害は27年間営業の中、大小合計7回。写真や書籍、ポスター等の紙モノ商品を主力で扱う当店で、この問題は非常に悩ましく、水漏れの当事者で無くとも、その事後処理や保険対応の煩さは、この先営業の気力すら奪われる程ホントに泣き出しそうな気持ちになったもんです。

内配管設備等迄の根本的な改善はママならず、常に後追い対応に終始するしか無いブロードウェイの現状は、爆弾を抱えている様なモノです……。こんなに水漏れが続くと保険会社も新規加入者に二の足を踏み、保険に入れない事にならないか❔……水漏れ商品に対して、その金額保証すら無くなる事態となれば、これはホントにゾッとします。

🌟ブロードウェイのメインストリートは、現在高級時計店とまんだらけさんが主力展開で、来店のお客さんは限定されました。

新規テナントが参入するには、出向かせる程魅力的な超ニッチ商材意外は難しくなっています。

当店がスタートした頃は、2階も飲食店がイッパイありました。本書で取材されていた青島さんのパスタ屋さんや、そのお隣にあった居酒屋 雪椿さんも良く行きました。(共に良いお店でした) 懐かしいです。

あの当時も、どんどん増殖して行くサブカル系ショップに既存飲食店舗さんには、集客のメリットは特に感じられず、苦々しく思われた事でありましょう。

しかし、これは止も無しでアリマス。

その時代に会った商材に光があたった店には、ブロードウェイでの店舗展開のフットワークは軽く、(同じ屋根の下であれば、展開の予想が付きやすい)ドンドン店舗数を増やし、スピード感ある展開が可能で、いい方向へトントン流れて行くのです。逆に時代に合わない商材の店舗は、見向きもされず閉店又は辛抱出来る家賃であれば、ありもしないであろう何れの上向きを期待して、グズグズと無意味に居座り傷を深める……(末期の当店😓) 

この分かりやすいシビアな流れが目の前で展開されていくのが、ブロードウェイ。

扱う商材に関しても、ショッピングモールの様なトータルオーナー不在故に、コンセプトによる縛りも無く、極めて自由でアリマス。  

本書にある「ほどよい野風図の館」正にそれです。有名店と同じ屋根の下で出店チャレンジが出来る‼️なんて、中々無い事ですから。。

私はかっての、そんなブロードウェイが好きでありました。

しかし、コロナ禍の影響ダケでは無いと思われる近年ブロードウェイの来客数減少…日々の採算は度外視した大手のアンテナショップの出店ラッシュ ニッチ商材に迄特化したショップを次々展開し隙間商材にも厳しい目を向け、他店の亜流展開を許さない まんだらけさん……

場の対面でモノを買う売る事に対し、ネットツールも捲き込む大きな物販状況の変化……更に物件の老朽化により、様々なリスクを抱える事に耐え切れず退店した当店………

言わば部外者として、この先のブロードウェイを見届けたいと思います。

🌟本書やインターネット上でも見れるブロードウェイ大好き❤️の熱いリスペクト  

……しかし、それに逆行するかの様な近年ブロードウェイの来客数の少なさ……😖😖

昔を知るモノから見たら、特に平日の集客の極端な少なさは何だろう⁉️ と考えてしまいます。その答えも知りたい。。

中野ブロードウェイ物語は増刷もかかり、セールス好調な様なので、続編も期待したいです。

長谷川さんがブロードウェイに出店して現状をレポート、共にブロードウェイの今後を考えるガチンコ体験ルポルタージュなんていかがですかね……😁😁😁

                  (終)

 

 

 

漫画が好き過ぎて🙇🙇一時中断のお知らせ。

当blogをお読み頂いている皆様へ……

連日お付き合い頂きありがとうございます‼️この場を借りて御礼申し上げます。。

只今自宅がリホーム改装中となり、3ヶ月間の仮住まいへ引っ越しとなりました。

漫画資料が取り出せなくなっている状況となり暫くの間、blog連載をストップさせて頂きます。

その期間内も、番外編として不定期でちょっとしたお話しを🆙したいと思いますので、今暫くお待ち下さい。。

🌟🌟 今後もインターネット以前の足で集めた時代、一漫画収集家のお話しを書き留めておきたいと思います。

今後共、宜しくお願い致します。


f:id:trio_kaitori:20220612143956j:image

漫画が好き過ぎて ☁️ その172 (仮) 最終回。

その日は、年末年始の郵便局バイトで稼いだお金で、杉浦茂の付録漫画を買おう‼️‼️……と、朝からハリキってました。先ずは神保町の中野書店さんへと出向きます。

中野書店さんでは、杉浦茂の付録が数冊ありましたが、既に入手済みのモノと状態が悪いモノで購入を見送り、続いて中野の まんだらけさんに出向き、その一週間前にショーケースで確認した、杉浦茂付録数冊を購入しようと店内ショーケースを見ましたが、これが見当たりません。。

お店の人に「前にあった杉浦茂の付録無いですか❔」とお尋ねすると、「あっ‼️ちょっと前に湯村さんが買って行かれましたね‼️」との、返答……

☆☆湯村さんとは……あの、へたうまイラストや漫画 情熱のペンギンごはん の作者…キンテリ こと、ファンキーイラストの巨匠 湯村輝彦さんであるのは、直ぐピンと来ました‼️

当時のサブカル誌 宝島 等…の、杉浦茂特集で湯村さんの、熱い杉浦リスペクトの文章を、読んでいたからです……

まんだらけの店員さんは、(古川社長)「ちょっと待ってて…」と店を離れ、暫くした後「スミマセン…杉浦茂の在庫は今、無かった…」との、ご返答。 

わざわざ倉庫迄見に行って、在庫を確認して頂けたのでアリマス。このお客さんを逃がさない姿勢に当時少し感動し、記憶に残っていたのでありました。。

帰りには中野南口にあった、激安牛丼の 牛友チェーン で、g測り売りの美味くないけど、独自なチープなお味の牛丼を食べて、中野南口バスターミナルから渋谷行きのバスに乗り、渋谷~三軒茶屋迄帰りました。。       

              ………つづく

好き過ぎる付録漫画セレクション その 21
f:id:trio_kaitori:20220609130059j:image

✴️はりこみふろく と言う形態の別冊付録漫画は、戦前(戦中)~戦後(昭和20年代中頃)の物質が乏しい時代の苦肉策か……❔綴じ込みのピンを使わない工夫で、長形にカットされた両面印刷の紙を折り込んで本誌の指定ページに読者が貼り込む仕様のモノでした。

☝️杉浦茂 キリン号のたび は、戦前~戦後、児童絵本を沢山出版していた二葉書房の学年雑誌(小学四年生)掲載の連載漫画。……画像はその、はりこみ別冊付録で本誌と連動内容。

この号の付録は、当時としては珍しい四色カラーの、はりこみ付録。豪華です🎉🎉

🌟POPでチープで、パワフルなエンターテイメントを見せつける、杉浦漫画の魅力は暗いこの時代も全快でアリマス🎉

漫画が好き過ぎて🌁☀️☔️ その171

中野の まんだらけさんは、その後も通いますが、余り買いません(金無いから買えないんですわ😭)

当時の自分には金銭面で、何も手が出せないのでアリマス。古本漫画のプレミア価格帯と本の存在をそれとなく体感するだけで、買うに至りません。まんだらけ店主の古川さんも、お客としての私の存在を認知する事も無かったと思います。 😒😒見てるダケ~ぇですから………😁

暫くすると、まんだらけさんは、三階フロア奥のL字型の店舗へ移転、店舗は増床となります。

廊下と直結のオープンフロアの店内は、以前よりかなり広く感じられたモノでした。お客さんは、平日に関わらず沢山来店されていました。レジ横には古い貸本漫画も並び、店内にショーケースも入り、レアな漫画本が陳列してありました。

当時人気絶頂の高橋留美子 吾妻ひでおの初期同人誌や、アニメムック等にも力を入れている様で、古い漫画に限らずニューウェイブ系の漫画、アニメにも力を入れているのが若い人が多い中野らしく、この店の特色を強く感じました。。

スタッフも増員した様で、皆さんちょこちょこと、古川さんの指示で良く動いていました。

当時のお客さんは店員さんによく、声掛けして本の在庫を聞いていました。……がそれは、「○○の新刊入ってますか❔」とか、先日出たような本の問い合わせでセコハンで速く安く欲しいモノだったりと、自分都合の勝手な探求本でした。「あるわけね~だろ‼️」と自分なら返答したくなる所ではアリマスが、古川さんは「今無いです。スミマセン」とちゃんと返答対応していたのが、とても印象的でアリマシタ。

                ……つづく

f:id:trio_kaitori:20220608203642j:image

好き過ぎる😚付録漫画セレクション その⑳

☝️長年、長谷川町子先生の別冊単冊付録漫画なんて無いだろうと思っていましたが、近年の展覧会、図録 ムック本等…でその書影を見て、存在を確認。驚いた😲のでアリマス。(この 仲よし手帳 はその後入手。昭和20年代の別冊付録です。)

図録によると、戦前戦後には、この仲良し手帳の付録以外にも折り込み形式の別冊付録も何点かある様です。

町子先生の戦前~20年代の画風は、独自な味があり自分好みです。

欲しいですね…………❤️❤️❤️

漫画が好き過ぎて☁️🌁 その170

中野書店 まんだらけ の本格的漫画専門古書店出店は、こちらのコレクション意欲を更に煽るモノでありました。

……とは言え、古書漫画を買い漁るわけでも無くて、ひたすら通ってどんな本があって何が高く評価されているのか?を、値段と現物に触れて覚え専門店意外の店や即売会で探す事をスタンスとしていました。

当時の活動は主に、全連古書組合が数年毎に発行していた、全国古本屋地図 を頼りに電車賃のコストを考えつつ、近場からウロウロと古本屋を探し求め歩き回っていたのでアリマス。

…とは言え、そう簡単に古い漫画が拾えるハズも無く、にわか知識で覚えた絶版新書漫画を拾う程度ではありました。

しかし、以前よりは漫画のプレミアム感は、古書業界に認知されつつあった様で、ちょっとした絶版漫画コーナーを作り、取り扱う店も出て来ました。そして付録漫画は昔は児童漫画雑誌ブームでしたから大量に出回っていた為、案外残っていたモノです。(……が膨大な数故に、お目当てのモノに探しずらいってのがアリマス)

当時よく古本屋の、レジカウンター裏の棚に付録漫画が束でキープしてある光景を見かけました。

鼻息荒くして、それを見せて下さい‼️と言っちゃうとイケマセン‼️

店主さんも転売背取りを意識して、即売会や市場に出すから売れません……と、返されるパターンとなってしまうのです。。

そんな時の、自分の裏技……「わちさんぺいの付録を集めているので、見せて下さい」と言うと、わちさんぺい付録は在庫をモテ余しているから、快く見せてくれたりしたのでアリマス‼️

                ……つづく

 

好き過ぎる付録漫画セレクション その⑲

f:id:trio_kaitori:20220606191255j:image 

☝️昭和20年代末~30年代に掛けて月刊漫画雑誌の別冊付録漫画は、カバー付や箱入り仕様の化粧等……ページのボリュームや見た目の豪華さで競う時代がありました。

一時のブームに現れたカバー付の読み切り別冊付録は、まるで単行本仕様😍😍

しかし、この上無い程そのカバーは薄く、経年劣化で痛み易く、状態良好な完本モノは稀少。
f:id:trio_kaitori:20220606192153j:image
f:id:trio_kaitori:20220606192218j:image
カバーのカラーは美しく、その見てくれの良さにコレクション意欲をソソリます。

ワンオーナーもの(当時の購入者が所有していたモノが出る事)…でないと、人手に渡り読み込まれてしまうと、カバー付で良い状態をキープするが難しい程に繊細です。

🌠ワンオーナー放出と思われ、同時期の流れを感じる一口の別冊付録が束で市場(古物業者の交換会)に出た時は、高額覚悟で札を入れ、手に入れたモノでした。

🌟最近は比較的ヤフオク出品で見かけますし、この時代の収集家も少なくなり出品されれば比較的安価で入手出来る様です。